2017年08月31日

協同組合という世界遺産

昨日、東京古書組合の定時総会に行ってまいりました。

役員改選のない年の総会は、出席定数を確保するのに苦労します。長年、苦労する側を務めてきた身としては、無役だからといって、欠席するわけにも参りません。

総会資料を見た限り、格別問題になる議案もなさそうでしたが、ともかく出席数を一つ増やすため、午後4時開会の少し前、古書会館に着きました。

会場は見慣れた方が大多数。つまり毎年出席する顔ぶれは、ほぼ決まっているということです。それには別の意味があります。出席者は、おおむね組合の行政や事業に関りを持った経験がある方々。

無関心な人はどこまでも無関心で、残念ながらそれが圧倒的多数。つくづくそれを感じるのは、まさに自分が当事者として関わっている時です。

その気持ちが如実に表れていたのが、開会に先立つ理事長挨拶でした。

ほとんどの人が知らなかった「協同組合」がユネスコの無形文化遺産に登録された(2016年11月)という事実を挙げて、相互扶助の精神をもう一度思い起こそうと呼びかけたのです。

当日会場に来ている人たちに対しては、釈迦に説法のきらいは否めません。しかしこの呼びかけは、後日議事録として「古書月報」に掲載されるはずですから、もちろん意味のあるスピーチでした。

RIMG2221なにより、古書組合が昨今抱える問題を、協同組合の限界とみなす意見さえ聞こえてくる昨今です。理事長自ら、原因は別のところにあると、釘を刺してくれたような気がして、店主も共感を覚えたのでした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile