2017年09月05日

塩漬け在庫

今月はまた、洋書会当番。午前10時出勤。

出がけに済ませなければならない荷造りがあって、店を出るのが9時半になり、それでも途中の連絡が良く、10時を少し過ぎたくらいに会館に着くことが出来ました。

主な仕分けが2口。ひとつは毎週のように出品していただく、買取り主力の業者さんの口で、今日はフランス現代思想関係が中心でした。
KIMG0169
もうひとつは、先年亡くなられた書店主さんの残された膨大な在庫を、その息子さんが順次整理しておられるという口。

その在庫量については前にも書いたことがありますが、4百坪の土地に大型コンテナ20台。その中の4台が洋書とのことで、今日の出品はカーゴ約4台。

大雑把に重量で計算してみると、ざっとコンテナ1/3台分というところでしょうか。これくらいの量が、あと10回分は残っていることになります。

ただし、その質は、正直なところ決して高いとは言えません。まず第一に本の状態が良くない。汚れや傷みも多い。次に、揃いものは滅多に揃ったものがない。

とはいえ何十年か塩漬けされていた中には、思わぬ貴重な本が混じっていたりします。今日もお昼過ぎまでかかって、念入りに仕分けをして、何点か面白いものを見つけ出しました。

買い手が付かずに残った量の方が、売れた量よりずっと多かったのは事実ですが、それなりの売上にはなりました。会員たちの仕分けの成果だと、言わせていただきます。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile