2017年09月13日

Mein Kampf

そういえば、昨日の塩漬け在庫出品のなかに、もう一冊、単品で入札できると考えて抜き出した本がありました。

Mein Kampf――言わずと知れたヒトラー『我が闘争』です。じっくり見ませんでしたので、はっきりとは記憶しておりませんが、1930年代後半に出版された1部、2部合本版、ジャケット(カバー)付。

タイトル頁には4xx-4xx Ausgabeという表記。xxには実際の数字が入っていたのですが、失念いたしました。日本風に言えば400版以上刷られているというわけです。

1925年の初版からナチス崩壊までに、合計1000万部以上が出版されたと言われる本ですから、決して珍しいものではありません。

それでも戦後長らく(昨年まで)、ドイツで再出版が認められなかったこともあり、またコレクターもおられるらしく、結構良い値段で取引されていました。

洋書会でも過去に何度となく目にしましたが、すでに故人となられたある書店さんが「外国の方が高いんだ」とおっしゃって、その度に、せっせと落札されていたのを記憶しています。

RIMG2281そこで、1冊だけで封筒をつけてみたのですが、早速札が入っていましたから、売れたことは確か。しかし、うっかりしていて落札価格を聞き逃してしまいました。

今日になって、BookfinderやAbebooksなどで検索をかけてみたところ、並以上の状態であれば、普及版でも1〜3万円の値をつけて売られていることが分かりました。今さら分かったところで、どうということはないのですが。

ちなみに、初版2冊のセットは最高で約400万円という値が付けられておりました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile