2017年10月12日

あすは「洋書まつり」

案に相違せず、会場の陳列棚は本で埋まりました。

実のところ、多少の心配もなくはなかったのです。今回はそれぞれの事情から、2店が出店できませんでした。メンバーの中でも比較的、大量に持ち込む書店さんたちです。

しかしそれを補って余りある量を、ほかの書店さんたちが持ち込んでくれました。並べてみれば、いつもと変わらぬ洋書ギッシリの光景です。

田村書店さんは、直前に仕入れた段ボール40箱以上という口を、素早く値付けしてご出品。そのほとんどがフランス書ですから、小店はますます不利な戦いになるかも。

都丸書店さんはドイツ語、ロシア語、もちろん英語もと、多言語、多ジャンル。五山堂書店さんの専門は社会科学系ですが、哲学、歴史など他分野も充実。

崇文荘書店さんは、今回もお得意の800円均一でしょうか。その価格でもかなりのお買い得、という本ばかりを集めておられますので、いつもかなりの冊数が捌けていきます。

KIMG0234一誠堂書店さんもしっかりお持ち込み。割り当ての棚数がやや少なかったこともあり、せっかくのビジュアル系書籍が面陳できず、平積みになっていたりします。ちょっと申し訳ないことをしました。

前回から参加の三日月書店さんと竹岡書店さんも、それぞれ棚から溢れるほどの出品。

そして駱駝舎さんと内山書店さんは、いつもながら独特の品揃えで会場にアクセントをつけて下さっています。

心配なのは空模様。気温も下がって冷たい雨という予報も。会場が熱気に包まれることを願うばかりです。

konoinfo at 20:28│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile