2017年10月15日

打ち出せなかった「第50回」

昨日より一段と冷たい小雨が一日中降り続いて、ドアを開けたまま店番をしていると足もとに寒さを覚えるほど。

本当は、人気もまばらで、レジの鳴ることもほとんどない有様ですから、寒さを覚えるのは首筋のほうなのですが。

まあ今朝は起きた時から、こんな一日になるだろうという予感はしておりました。しばらく店の仕事が手つかず状態でしたから、やらなければならないことは山積しておりますが、不思議なもので、あまり店がヒマでも、仕事に取り掛かる意欲が湧きません。

結局、何となくぼんやり過ごすことになり、いわば骨休めの日曜日となったのです。

KIMG0246そこでゆっくり今年の洋書まつりを振り返ってみました。毎年それこそ「後の祭り」を繰り返しておりますが、今回に関しては特に「第50回」を打ち出せなかったことが悔やまれます。

3年ほど前に気づいて以来、何かしら記念の催しに出来ないかと、秘かに考えてはおりました。そこで折を見ては、新規の参加者を募る声掛けをしてきましたが、それが叶わなかったばかりか、諸事情から、前年より参加店が3店も減ることになってしまったのです。

その時点で店主の計画は頓挫。目標は「ともかく会場の棚を埋めること」に後退。不安のまま会期を迎えることになりました。

結果は昨日もお伝えした通り、昨年を上回る好成績。参加各店の努力のたまものです。こんなことなら「第50回」を前面に出しておけば、各店の努力にもっと報いられたのではと反省しております。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile