2018年06月26日

夏の「七條」

今年も半年過ぎてしまいました。そんなことをしみじみ感じさせるのは、今日が洋書会の期末食事会だったからです。

しかもよりによって、会場はあのレストラン「七條」。このところ毎年、旧理事会メンバーで新年会を開くことが恒例となっているお店です。今年の正月にも伺いました。

宴果てて引き上げるとき、出口まで見送りに出てくれたオーナーシェフご夫妻の姿が、まだ残像のように残っております。

あれから半年、正確には5ヶ月ですが、月並みながら、あっという間に過ぎてしまったとしか言いようがありません。

さて同じ会場で、同じくコース料理(もちろん内容は異なります)をいただきながら、同じように同業と会話を交わすのですが、新年会の方はいわば同窓会。ふだん会うことのないメンバーも多く含まれます。

それに対して今夜の食事会は、毎週のように顔を合わせる交換会同人ばかり。しかし結局、古本屋同士で話すことに、それほど差があるわけではありません。盛り上がりもまた甲乙つけがたい。

店主の場合、日頃は通勤の便から、車を家に置いてまで参加する食事会は少ないのですが、年に何度かはアルコールを付き合うことに決めている会があり、その一つが期末の打ち上げ。

というわけで今夜は新年会の時と同じように、ワインと食事を味わいながら、おしゃべりに時を費やすことができたのでした。

KIMG0614火照った体も急速に冷えていく冬の夜道と違い、足早に歩くことなく、ゆっくり余韻を楽しみながら駅までの道を歩くことが出来たのが、いくらかの違いでしたでしょうか。

konoinfo at 21:41│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives