2018年07月31日

30年前の値段

店の通路に未整理の山がいくつもあるため、中にはご興味を示されるお客様もおられます。

たいていは機先を制して「申し訳ありません、整理中ですので」などと声をおかけするのですが、時に間に合わず、手に取られて「これはいくらですか」などと尋ねられることがあります。

お答えできる時もあればできない時もあり、お買い上げいただけることもあれば、そのままお帰りになることもある。しごく当然のことですが。

昨日はそんな未整理の山から、外国の方が帳場に一冊お持ちになり、英語で「これは何の本ですか」というお尋ねを受けました。

見ると紙の悪い新書サイズの本でタイトルに『風俗習慣と/神ながらの実修』(筧克彦)と書かれています。

はて何と説明したものか。日本思想ならJapanese thoughtか、しかし思想というほどのものだろうか。などと迷いながら、要領を得ない答えをしていると「Shinto?」と一言。まあそのようなものだと答えてお茶を濁しました。

するとどうも、お求めいただけるらしい。値段もついていないのに。いや、正確に言うと、古い即売展の帯紙が挟まれていて、そこに1000円と縦書きに表記されています。

戦前の本ですがよく売れた本らしく、さほど珍しいものではありません。帯紙はどう見ても30年以上前のもののようですが、今の売値もせいぜいそんなもの。

縦書きの値札をご覧になっていたかどうかは分かりませんが、その価格でお買い上げいただきました。「30年前と同じ値段です」そう説明を加えて。

RIMG3042ビックリされたようですが、店主もいささか驚きました。お尋ねしたところ「平仮名なら読める」程度だというのです。きっと「神」も、お読みになれる文字だったのでしょう。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives