2019年04月21日

査定をする

朝、来がけに選挙。最近は期日前投票が増えていると聞きますが、店主のところでは、当日、投票所に赴くのが一番便利です。

というわけで今回も一家揃って、朝のうちに投票を済ませました。店主の連敗記録は、おそらく今回また更新されるはずですが。

今朝は一件、宅買いの下見がありました。知り合いの道具屋さんが持ってきたお話しで、数日前LINEで本棚の写真が送られてきました。

RIMG3548暗くてよく見えなかったのですが、なかなか面白そうな本が写っています。「とりあえず預かってきたら?」と返事したところ、まず量が結構多いこと、そしてなにより先様が査定額を知りたいらしく、それで連絡をしたというのです。

そこで日を決めて一緒に伺うことにして、今日がその日だったのでした。

決してお屋敷ではありません、普通のお宅でしたが、本棚に囲まれた部屋が二つほど。中にはガラス戸のついた棚もあり、限定本や詩集、初版本らしき本が納まっています。かなり熱心な蒐集家であったことが窺えました。

持ち主はすでに他界され、ご遺族が骨董品などの遺品整理のために道具屋さんを呼んだようです。遺産相続の手続きがあるため、まずは評価額を出してほしいとのこと。

ざっと見て回ると、保存状態も良く、大切にされていたことは分かりましたが、とびぬけて高価なものや、いわゆる「化けそう」なものは見つかりませんでした。

ですからおよその相場は見当がつきます。あとは諸経費と取り分をどう見積もるか。道具屋さんにそのあたりをお伝えしました。うまく話がまとまれば、小店にもいくらかのおこぼれはありそうです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives