2019年04月25日

3件のご注文

お茶の休憩を終えてパソコンを見ると、立て続けに3件「日本の古本屋」から受注メールが入っております。管理画面を開いて注文書籍を確かめました。

するとまず1点、店の棚に並んでいるはずの本が、見つかりません。登録したのは半年ほど前。店頭で売れて、その伝票をどこかに紛らせてしまい、売り切れ処理ができなかったのでしょうか。

次の1点は、これは間違いなく在庫があります。あるもなにも、つい一時間ほど前に裏の棚に納めたばかり。ようやくスペースを作って押し込んだ40冊ほどのなかの1冊です。

それにともなって「準備中」から「販売中」に、ステータスを変えたところ。つまりネットで公開してまだ1時間と経っておりません。

それだけなら、たまにあることですが、ご注文をいただいたのが同業からでした。新刊のある本です。良い状態なので、定価の3割引き程度につけてありました。送料を入れて2割引きというところ。それが、想定外のお値引き対応となりました。

さて3点目は2800円の洋書。すぐ見つけ出して本を手に取ると、値札は4800円となっております。値下げした記憶はありません。どうやら入力時にミスがあったようです。

これには、しばし考えこまされました。これが通常のご注文なら、あるいは涙を呑んでそのままお売りしたかもしれません。しかし「財源は大学の公費で、支払いは6月か7月末になります」とのこと。

KIMG0992外国のサイトを調べても値崩れした様子はなく、送料を入れれば8000円以下で手に入れることは難しい本です。恥を忍んで、正直に入力ミスだとお詫びし、いったんキャンセルとさせていただきました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives