2019年04月30日

休日の過ごし方

フランスの方だろうというのは後になって分かったことですが、まだ午後の休憩に入る前、つまり3時より15分ばかり前のこと、若い外国人男性が店に入ってこられて、リュックを台の上に置きました。

親し気に挨拶されて、すぐ外に向かいます。そこで表のサービス台をじっくり見てまわること約30分。その間に店主はお茶を済ませ、帳場に戻っておりました。

やがて男性、再び店内に入ってこられ、入り口右側の棚を端から順に、時間をかけてご覧になります。

そこで30分ほど過ごされた後、こんどは左手に並ぶ棚を、やはり丁寧に一列ずつ目で追い、時おり抜き出しては中を確かめ——そんな風にして、また30分以上お過ごしになったようです。

それからおもむろに、こちらから3冊、あちらから4冊、最後にもう一度表に出られて3冊ばかりを取りまとめ「決まりました!」と、帳場にお持ちになりました。

それがすべてフランス語の書籍。いわゆる現代思想関係のものが中心です。よく吟味されただけあって、全部で7千円弱のお買い物。ご来客の少ない休日としては、ありがたい売上です。

お会計を済ませ、紙袋に入れた本をお渡しすると、それを覗き込みながら「また2か月、いや3か月かな?したらまた来ます」そんな風に、達者な日本語でおっしゃって、お帰りになりました。

RIMG3583連休の一日を、本を探しに出かける。そんなお出かけ先として小店を選んでいただいたのだとしたら、大変光栄なことです。

それに応えられるだけの品揃えをしなければと、殊勝にも思ったりしたのでした。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives