2019年08月21日

談論風発

「お礼を兼ねて一席設けたいのですが」と、洋書会仲間のお1人からお誘いを受けたのは4月末のことでした。

お礼されるほどのことをしたつもりはありませんが、酒席を共にすることについては異議がなく、ではお互いの時間を調整して、とお答えしてありました。

それからなかなか都合が合わず、ようやく昨日、4か月越しの懸案を果たすことができたのです。

場所は神保町の健康中華庵『清蓮』。店の存在は以前から知っておりましたが、入ったのは初めて。急きょお誘いした1名を加えて3名、小さな個室でゆっくり飲食しながら、閑談いたしました。

話題は業界のことから、天下国家のことまで。無責任な放言も当然のように混じります。

その中で、昔はどうして一家の主人が朝9時から夕方5時まで働けば、家族を養えるほどの給料が貰えていたのか、という話になりました。

しかもその当時でさえ、日本の会社は米国企業などに比べて内部留保が大きく、社員への分配が少ないという批判があったように記憶しています。

それに引き比べ昨今は、「働き方改革」などという掛け声ばかりで、暮らしからゆとりが失われる一方なのはどうしてか。すべてどこかに吸い上げられているのではないか。

RIMG3897その時は随分明快な答えに到達して、意見の一致を見たような気がするのですが、今になってみるとどんな結論だったか思い出せません。いくらか酔いの勢いも手伝ったのでしょうか。

すっかりご馳走になってしまった一夕でした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives