2019年09月20日

全勝全敗

今日の明治古典会は、数週前にあった某美術雑誌編集者の旧蔵書一口の続きが、やはりカーゴ10台前後出品されておりました。

量的には、それが一番の大口でしたが、珍しさから同業の関心を引いた点では、地方の業者が持ち込んだ、仏教美術系の口ものに軍配が上がったようです。

RIMG3955後者のほうが、より専門性が高く、さらに中国関係も多く含まれていたため、全体では相当な売上高になったと思われます。

ただ専門性が高いということは、参戦できる業者が限られるということでもあります。

その点からすると、雑誌編集者の蔵書は、美術関連といいながらも、内容が多岐にわたっておりましたから、店主さえ入札する気になるような口が数多くありました。

特に今回は、洋書もカーゴ1台分程度はあった模様で、それが10点くらいに仕分けられていたでしょうか。ついそこに目が行き、気になる本が混じっている口6点に入札いたしました。

日本書でも、店に置きたいような美術研究書が含まれている口には、何点か札を入れたのですが、終わってみると洋書は全勝、日本書は全敗。

札が弱かったと言えばそれまでなのですが、店主としては結果に大満足。日本書に比べて、はるかに質の高い(と店主が思う)洋書を、逃さず落札できたからです。

もっとも、他店が洋書にあまり強い札を入れないのは、それだけ売りづらいからで、その点、市場というのは実態を正直に反映していると、あらためて思います。

konoinfo at 22:27│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives