2019年09月24日

キャンセル問題

昨日に続いてキャンセルネタです。

「日本の古本屋」に注文をいただいてから、およそ1週間程度はお待ちすると昨日申しあげました。クレジット決済ご希望の場合は、丸3日ほどして決済がなければ、「確認メールは届いておりますでしょうか」という問い合わせメールを出します。

1週間お待ちして決済がなければ、念のためお電話を入れてみます。連絡が取れれば大抵の場合、それで解決いたします。しかしお電話が通じないことも多く、そんな時は、あきらめてキャンセル手続きを取ります。

振込をご希望の場合は、もう少し慎重にならざるをえません。まず問い合わせメールを出すまでに、4日程度はお待ちします。あいだに連休などが入った時は、さらにお待ちすることもあります。

RIMG3959そして、問い合わせメールを出す前に、振替口座、ゆうちょ口座、銀行口座を何度も確認しなおします。何かのタイミングで、ご入金を見過ごしてしまうことが、ままあるからです。

充分承知しているはずなのに、これで失敗して、お叱りを受けたことが再三ならずありました。今後も皆無とは言い切れません。

ともあれ、その上でお客様に問い合わせメールをお出します。それからさらに3、4日お待ちしたあとで、こちらの場合も、まずはお電話をしてみます。昨日のようなご常連の方は別ですが。

しかし1度で通じなければ、それ以上はいたしません。これはクレジット注文の場合も同じ。なぜなら一定期間経過後は「商品をいったん売り場に戻します」という文面を送っているからです。

もともとは、例のご常連様対策の意味合いも強かったのですが、お互いなるべくストレスを減らそうとして考え出した方法です。

ただ近ごろ、この時間切れ解約が、心なしか増えてきたような気がいたします。ちょっと気になるところです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives