2019年09月30日

消費税騒動

8%から10%に変わるのはいつの時点からか。

いろいろと喧しいことでした。例えば郵便料金は10月1日から上がるのですが、明日の朝一番の集荷までにポストに入っていたものは、旧料金でOKとされています。

RIMG3970「日本の古本屋」では、日付が変わるとともにシステムメンテナンスを実施し、それが終了した時点で新税率になっているはずです。

もっとも小店のように内税総額表示を行っていて、価格の修正もせずにそのまま販売を続ける店も、少なくありませんから、新刊書店ほどには、駆け込みお買い上げの恩恵に預かれなかったようです。

確かに明日から値が上がることが分かっているものの購入を、みすみす先延ばしするというのは、それが必要な物品であれば、賢いことではないでしょう。

しかしそこが紙一重。必要でもないものを、焦って買う恐れも充分あります。さらに明日以降は一転、購買意欲の冷え込みが予想されるわけですから、販売側もいろいろと需要喚起策をとるはずです。

しばらくは結局同じ価格で購入できる、という商品も少なくないと思います。

その可能性が低いのが新刊書籍。というわけで娘から聞くところ、ここ数日の渋谷ジュンク堂は、連日レジに長蛇の列ができていたそうです。

さて販売価格に何の変更もない小店ですが、送料だけは日本郵便の改定に合わせて上がります。今日までに確認メールを返信した分につきましては、旧料金のママ。明日以降のご注文には、新送料が適用されます。

あしからずご了承ください。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives