2019年10月10日

転んだあとの杖

またぞろ台風に狙いを付けられているようです。15号で被害を受けた方々にとっては、まるで傷口に塩。さぞや不安なことでしょう。

しかし他人のことを案じていられるほど、我が家が安泰なわけではありません、むしろ逆です。

じつは前回の台風で、庭木が倒れたお話はいたしましたが、他にも被害がありました。二階屋の外壁の角板とでもいうのでしょうか、その部分が途中から、大きく外側に折れ曲がってしまったのです。

建物が老朽化していることが最大の理由ですが、直接の原因は、外の電線から家までの引込線が、その上部にフックで止められていたことです。それが風に引っ張られ折れ曲がったものと見られます。

途中にあった庭木の枝も、引込線を引っ張る手伝いをしたかもしれません。

くの字になった角板は、すぐどうにかできるような状態ではなく、どうするべきか思案のうちに、日が経つばかり。そうこうするうちに今度の台風です。

引込線がこれ以上、引っ張られて、切れてしまうようなことがあっては、停電が起きてしまいます。フックから屋内へ引き込む間の線が、一番の不安箇所。

とりあえず業者さんに応急処置を頼もうと、何日か前からネットで探して電話を入れたりしていたのですが、ようやく昨日になって手配が付きました。

それが明日の午前中です。もう雨も降りだしていることでしょう。それでも来てくれるとのことで、今はもうワラにも縋る思い。

RIMG3992明日は明治古典会ですが、そんなことは言っておられません。遅れていくことになります。ともかくも「台風被害、世田谷で停電1件」などと報じられないようにしなくては。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives