2019年10月16日

図書館印

裏の学校の、ある研究室から、本を引き取ってほしいという電話がありました。

個人の研究室ではなく、事務室にいつのまにか溜まった本で、分量はダンボール箱4個くらいとのお話。日を決めて伺いました。

初めからあまり期待してはおりませんでしたが、店売りできそうな本が多少なりとも混じっており、量も予想より多かったので、ともかく引き取ってまいりました。

そのなかに1冊、思いがけず良い本が顔をのぞかせていたからでもあります。もちろんその場で、立ち合いの先生にそれをお示ししたうえで、持ち帰って評価をつけることで了承いただきました。

RIMG4003さて店に戻って荷を開き、まずその本を点検。すると、扉に大きな学校図書館印が。思わずがっくりです。

気をとりなおして、あとの本に目を通し、評価額を決めて研究室に連絡。後日、代金を受け取りに来ていただきました。

それはともかく、困ったのはこの本の処置です。どうしたものか考えました。研究室に返すのでは、元の持ち主の立場を、悪くすることになるかもしれません。

そこで、蔵印の図書館に連絡をしてみました。返すべきものであれば、こちらからお返ししようと思ったわけです。

メールでやり取りができましたので、求められて画像をお送りしました。すると翌日には、お返事が入っていて、次のような文面。

画像をもとに確認したところ、現在では当館の蔵書ではありませんでした。お手数をおかけしますが、蔵書印を×印等で消してから、ご利用もしくは処分してくださいますようお願い申し上げます。

売れたら研究室にも、いくらかお支払いせねば。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives