2019年11月10日

ピッタリでビックリ

「洋書まつり」の会計残務を、今日の午後になって整理いたしました。

即売展は通常どの会でも、その日のうちに伝票計算をして売上金を分配してしまいます。2日開催なら、初日、2日目と払いを受けます。

しかし「洋書まつり」の場合は、最終日にまとめて売上金を配ります。目録を発行していない分だけ、他の会より売上額も少なく、経費も単純だからです。

それでも、数千枚の値札ラベルを店別に分けて集計し、それを合計した売上額と、レジに溜まった現金との間に違算が生じるのは、ほとんど避けられないことです。

初日、その違算は7700円の現金不足と出ました。少し気になる誤差なので、洗い直しをしたところ7000円の原因は判明。残りの700円は、誤差の範囲。違算金として計上する予定で保留にしました。

2日目の終了後、最終的な現金をレジ担当に集計してもらったところ、分配合計額よりは多かったので、各店への売上金支払いを行いました。

本来なら先に帳簿を締めてから始めるべきですが、何しろ店主には(頼みの助っ人が来なかったものですから)、自分の棚の片付けという重労働が残っております。

そこでともかく皆さんへの払いを済ませて、残りは後で計算することにしたのです。

RIMG4024そして今日、立替金などを含めて締めてみたところ、まったく違算なし。帳簿上の残金と現金残がピッタリと合いました。

これがどれほど奇跡的な事であるかは、即売展会計の経験者ならば、良くお分かりいただけるのではなしでしょうか。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives