2019年11月20日

消滅危機言語

昨日話題にした「ソニンケ語」というのは、Wikipediaによれば次のとおりです。

ソニンケ語 (Soninke、ソニンケ語: Sooninkanxanne)は、マンデ語派に属する言語である。話者は西アフリカに居住するソニンケ族の人々である。話者数は推定で1,096,795人であり、主にマリ共和国に居住する。

およそ100万人の話者がいるというのであれば、決して少数言語ではないでしょう。同じwikiに「消滅危機言語の一覧」というページがあり、「世界で約2500の言語が消滅の危機にあるとされている」うちの「ごく一部」が掲載されているそうですが、ここにソニンケ語は含まれていません。

確かに、語学研究書が出版物として流通している時点で、もはやマイナー言語とは言えないのかもしれません。

RIMG4041昨日、家人が「今日しか観られない」と慌てて観に行った映画では、おもに「カシューブ語」が話されていたそうです。ひたすら字幕を見入るしかなかったとか。

もちろん店主は初耳。聞けばポーランドの一部で話されている言葉だとかで、さっそくwikiで調べてみると、現在、ポーランド北部のポモージェ地方、ドイツ北東部のメクレンブルク=フォアポンメルン州および、移民先のカナダにあわせて20万人の話者がいる——とありました。

それでもこちらは消滅危機言語に挙げられていて、5段階の3番目「重大な危険」とされています。

そんな遠くの話ではなく、わが日本のアイヌ語は2009年の時点で話者10人。5段階の4番目「極めて深刻」に分類され、ほとんど「消滅」の危機。保存活動も進められていると聞きますが、現在はどんな状況なのでしょうか。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives