2019年12月03日

見つからない情報

今日もまた、決定稿を上げるまでには至りませんでした。

ぐずぐずと尾を引いている「洋書会史」のことです。今日は当番でないこともあって、ゆっくりお昼前に店を出て古書会館に着いたのですが、少なめの出品量で、店主の入札を待っている荷は見当たりません。

IMG_20191201_075542そこですぐ6階へ上がって応接室の『古書月報』バックナンバーをひっくり返し、必要な情報を探しました。すると、それまで気づかなかった新たな謎が見つかったのです。

昭和46年の『月報』師走号に、翌年1月からとして「交換会の開催日変更」「東京古典会 毎週火曜日(2階)」との広告が出ています。それまで火曜日は、洋書会(2階)明治古典会(1階)の組み合わせでした。

さらに昭和50年6月号に「東京古典会/洋書会の市会開催日及会場使用区分変更のお知らせ」として、「7月3日の火曜日より古典会の市会開催日は毎週火曜日に変更されます。一階古典会・二階洋書会使用」と広告されています。

この2つの広告は既に知っておりましたが、よく読むとそこには矛盾があります。つまりこの間に、古典会は火曜日開催でなくなっていなければなりません。

それを確かめるために、もう一度その間の『月報』を調べなおしました。そしてようやく「東京組合全交換会一覧(昭和50年6月まで)」という目立たない告知を見つけ、一時期古典会が中央市会とともに月曜日に開催されていたことが分かったのでした。

しかしこれは、本来店主が調べたかったことではありません。結局欲しかった情報は得られずじまい。もやもやした思いを抱えたまま、市会の終わった会館を後にせざるを得ませんでした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives