2019年12月06日

早くも忘年会シーズン

師走最初の金曜日。世間はもう忘年会モードのようです。

今日の明治古典会は出品量が少なく、年に何度もない3階ワンフロアでの開催となりました。ただし明古は出品量と出来高とに、必ずしも相関関係がありません。まあどこの市会でも理屈は同じですが。

この日も何点か良い値になるものがあって、点数ほどには低い出来高ではなかったようです。

IMG_20191204_080336それでもさすがに終了時間は早く、最終発声が午後4時前。最終台に乗っていた昭和40〜50年代の「怪獣図鑑」コレクションが、いくらになったかを聞き届けてから、6階に上がって、大詰めを迎えた七夕大市会計の仕事をいたしました。

それが終わってもまだ午後5時を回ったところ。今からなら、どこか入れるだろうとタカを括って仲間と外に出たのですが、中華の「三幸園」は予約で満席。蕎麦の「柳屋」は本日貸し切り。

それならばと「うどん屋」で通っている「ささ吟」に電話を入れると、うまい具合に席が取れましたが、行ってみると、四人席に五人分のセット。

しかし文句は言えません、間もなく他の席も一杯になりましたし、あとから来た何組かは断られていましたから。

それにしてもまだ12月になったばかりだというのに、ずいぶん出足の良いことだと思ったのですが、ふと気づけば来週月曜日は、現理事会の忘年会なのでした。

こうしてあっという間に、今年も暮れるのでしょう。

konoinfo at 21:13│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives