2020年01月11日

ちうぐらいなり

昨日は明治古典会恒例の新年会。開宴予定は午後7時。

お伝えしたように、市場の出品点数が少なかったこともあり、ふだんよりずいぶん早く終わってしまいましたが、スタートを繰り上げるわけにはいかない事情がありました。

と言いますのは、午後6時から月例の役員合同会議があって、店主を含め数名が、この会議に出席しなければならなかったからです。

その6時までにも、かなり時間はありましたが、幸か不幸か店主には、片付けておくべき仕事がいくつかありましたから、会議の始まるまで、古書会館で作業を続けました。どこか店に入って、軽く一杯やりながら時間を過ごした連中もいたようです。

合同会議のほうは年明け早々のこととて、とくに問題もなく終了。会場の「銀座アスターお茶の水賓館」までゆっくり歩いて、開宴の5分前には到着できました。

同じ明治古典会の新年会で、かれこれ20年ほど前にここを利用した記憶があります。その時のメンバーが何人くらいいるかと会場を見回すと、ざっと3分の1といったところでしょうか。10人に満たない数でした。

といっても当時の記憶はほとんどありません。確か集合写真を撮ったような気はしますが。

料理については、あの頃どんな印象を持ったのか覚えておりませんが、今回は少なくともそれほど感動はしませんでした。紹興酒をいただいたのですが、これも店主の好みとは違いました。

IMG_20191229_075208余興のビンゴゲームで、割合早くにビンゴ。懸賞として貰ったのは3百万円が当たるというスクラッチくじ5枚。さっそく削ってみたところ1枚だけ2百円が当たりました。

まさに めでたさも ちうぐらいなり おらが春

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives