2020年01月28日

いすかのはし

世の中ままにならないものです。

明治古典会で落札したカーゴ2台、今日の洋書会に出品して、売れないまでも、不要な本を処分するつもりで出かけました。

市場に着いてみると、前回までの閑散ぶりが嘘のよう。一口、出品があることは聞いておりました。カーゴ4台ほどだとか。それで店主のと併せても、ちょうど良いくらいの分量だろうと想定していたのです。

しかし、とてもそんな量ではありません。仲間に確かめてみると、急きょ増えてカーゴ11台!になったのだとか。しかも、別に飛び入りの口がカーゴ2台。さらに店主と同じく、明古の落札品から、おそらく必要なものを抜いて、残りをカーゴ1台出品された方もおられました。

これではどう見ても、店主の2台を仕分けしている時間はありません。第一、並べる場所さえなさそうです。すぐあきらめて、当番本来の役目である、仕分け作業に参加することにしました。

手分けをしても、さすがに13台というのは大量です。仕事なかばで昼食。それからまた再開して、どうにか会場の準備ができたときは午後1時を回っておりました。

RIMG4108店主が自分の荷物の整理に取り掛かることができたのは、それからです。褒められた話ではありませんが、会場の片隅を借りて、少しでも持ち帰る荷を減らそうと分別を開始。ほぼ3時間をかけて、ようやく全体の3割程度を選り分けました。

それでも、今日また新たに落札したものも僅かながらあって、結局カーゴ目一杯2台が、軽く2台というくらいに減らせただけです。

明日コショタンで届いたら、さてどこに置きましょうか。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives