2020年03月30日

ステージ・オレンジ

年度末も迫った今日、本当は1件、退任される先生の研究室へ、引き取りに伺う予定がありました。

お約束をしたのは10日ほど前のことですが、その先生から昨日になって、お電話をいただきました。「キャンパスへの出入りが厳しく制限されるようになったので、来てもらっても入構が許可されないかもしれない」と。

コロナ対策のステージが1段上がって、イエローからオレンジになったからだそうです(資料参照)

小店としては急ぐ理由はありません。ただ新年度に入っても、その本を置いておく場所があるのかどうか。それを伺うと、その点は大丈夫とのこと。「それならこちらは、いつでもご都合に合わせます」とお答えし、ひとまず無期延期となりました。

RIMG4156すると今日の夕方、また先生からお電話がありました。それによると、どうやら構内立ち入りは可能らしい。ついては、近いうちに来てもらえないかというご要望です。

やはり、なるべく早いうちに片付けたいお気持ちなのでしょう。打合せの結果、4月2日の木曜日、午前中に伺うことにいたしました。

「やむを得ない用件」と、認められるわけですが、文書にあるとおりだとすると「入構規制(正門への入構集約、サーモグラフィーによる検温実施、外部者の構内立ち入り禁止の厳格化など)を行う」ことになるのでしょうか。

この際、虎の子のマスクも、用意して出かけることにします。ただし明後日まで、状況に変化なければですが。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives