2020年04月30日

この先のこと

こんな月末を迎えることになるとは、4月に入ったころでさえ、想像もできないことでした。

8日の理事会以降、古書会館に足を向けたこともありません。それどころか、バス、電車に乗ってすらいません。

RIMG4246家と店とを車で往復。時折り家人の買い物につきあって、それもはじめのうちはスーパーの店内まで一緒に行っておりましたが、のちには駐車場で待機。外出と言えばそれだけ。

3週間を経て、歩行機会が大きく減少し、それに伴って明らかに足が弱ってきた感じです。店主にとって週に2、3度の市場は、その行き帰りだけでなく、古書会館内の階段の上り下りまで含め、貴重な運動になっていたようです。

さらにこのうえ自粛要請が長引くことになれば(なりそうですが)、いよいよ店主もウォーキングなどを始めなければならないかもしれません。

さて、国は緊急事態延長をほのめかしています。このままか、緩めるか、強めるか。選択肢はその3つくらいで、解除の目はないでしょう。

となると、市場の再開は、まだ先のことになりそうです。交換会の一部には、感染防止対策を取ったうえで、早期再開に漕ぎつけたいという動きもあって、独自に組合員に向け意見を求めるアンケートを出しました。

大多数が開催を希望したからと言って、休業要請を無視して再開することはできませんが、組合員がどんな考えを持っているのかは、知りたい気がいたします。

店主にしたって、店舗営業の再開以上に、交換会の再開を望んでいるのですが、どちらのハードルが高いかは誰の目にも明らかです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives