2020年06月30日

早稲田を思い出す

今日は火曜日で洋書会の日ですが、明治古典会の大市準備のためお休み。その明古の大市も、例年より規模を縮小しての開催のため会員手伝いの動員もなし。

出かけないつもりにしていたのですが、急遽会議が入って午後、会館に行きました。それでも3時には戻り、間もなく店番のΧ君も来てくれたので、裏に引っ込んで片付け仕事でもしようと机に座りました。

RIMG4350その時目に入ったのが、昨日、五十嵐さんの項だけ走り読みした『早稲田古本屋街』です。誘惑に負けて、最初から読み始めることにしました。

結局、小一時間ほどかけて半分以上を読み進めたのですが、店主はこれまで、これほどに知った人物ばかりが登場する文章を、読んだ記憶がありません。

取り上げられる古書店主はもとより、その様々なエピソードに登場する同業についても、大抵はその顔を思い浮かべることができます。

しかしそこで語られるのは、知っていたことより知らなかったことの方がはるかに多く、あらためて透史君の取材力に感心させられました(もちろん表現力にも)。

例えば、さとし書房の佐藤さんの項で、古本屋に勤めることになった時、新聞紙で本を包む練習をしたという話。その手作業へのこだわりは、店主の記憶にある佐藤さんに重なります。

かつてBigBoxの売り上げ計算の時、山のような伝票を人一倍のスピードで数えていた姿。同様に、何かの用で店を訪れた時、店番をしながら出品のための伝票貼りをされていた、その手早さ。

それにつれて、驚くほど大量の本が、即売展で売れていた時代を思い出しました。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives