2020年07月03日

プレミアム特選市

明治古典会の大市が終わりました。例年の七夕古書大入札会とは違い、業者のみを対象にしたプレミアム特選市。

もともと七夕市に並行して、付録のような形で行うつもりだったものです。つまり本誌がなくなって、別冊だけを出すことになったような形。

出品点数は1300点ほどと聞いていますので、本来予定していた形からすると、半分程度ではないでしょうか。しかも出品最低価格は2万円。大きな出来高を期待するほうが無理というもの。

しかしそれもこれも、毎年の大入札会を基準に考えるからのことで、実際に終わってみれば、思ったより健闘した成績となりました。

いつもなら今日、金曜日は公開下見初日。明日もう一日下見を行って、日曜日が入札会。そこに至るまでに荷受け日があり、陳列日があり、ほとんど1週間出ずっ張り。

更にさかのぼれば、目録編集などのためにも、何日かを費やします。幹事、経営員だけでなく、会員も多くの時間を割くことで成り立ってきた大入札会でした。

RIMG4347今回は、それに比べると拘束時間がぐっと減りました。今年の場合は降ってわいたコロナ禍による、やむを得ざる決断でしたが、その結果を見て、改めて考えさせられました。

それは、これを転機と捉えてみてはどうかということ。過去に大きな成果を上げてきた一般公開下見方式ですが、次第に労力に見合わないものとなりつつあります。

別冊を本誌にするというのも、あり得ない選択ではありません。シンプルな大市会。いくらか先祖返りのような気もいたしますが。

konoinfo at 21:27│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives