2020年07月31日

もっと苦しいところが

7月も今日で終わり。明治古典会のあと、仲間と食事をして、店に戻ってからレジを締めました。

日計を出し、次いで月締めを出して、現れた数字を眺めて長嘆息。毎日の売上から予測はついていたことですが、あらためて目にすると暗然たらざるをえません。

RIMG4387過去、8月にお盆休みを取っていたころ、これに近い月売上げになった記憶があります。今の店に変わる前、もう20年ほども昔のことでしょうか。

その頃より店も広くなり、毎日休みなく営業するようになってのこの数字は、何を意味しているのでしょう。

もちろん当時に比べて、「日本の古本屋」というネット販売が、大きく伸びました。先月、今月は店売りを大きく上回っています。しかしそのネット販売も、小店についていえば5、6月の勢いが鈍ってきています。

明日からの8月は、果たしてどんな状況が待ち受けているのでしょう。さらにその先は。

しかし案じていても仕方ありません。出来ることをするばかり。今日仲間と食事をしたのは、以前ならまずは入れなかった、へぎそばの「金剛庵」。その店でさえ、入ってから出るまで、数えるほどの来客。いくつも卓が空いたままでした。

離れた席の常連さんが「こんなことになるんだねえ」と店の人に話しかけていた言葉が耳に残りました。ここにきての感染者数急増で、古本業界より、もっと過酷な状況に置かれている業界がいくつもあるわけです。

だからといって慰めにはなりませんが。

konoinfo at 21:00│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives