2020年08月06日

新しい失敗

失敗ブログとお呼びください。仮に読み返してみたとすると、店主自身のしでかした失敗のあれこれが、かなりの比率で取り上げられているはずです。

いちばんネタにしやすいという面もありますが、それにしても、あきれるほどミスばかり起こしていることも事実。

今回は定番のひとつ、誤発送について。いつものラベル貼り違えパターンなら、さすがに書こうとは思いません。過去にない、ちょっと珍しいケースです。

振替口座をチェックしたところ、すでにお送りしたはずの書籍名が用紙に明記された、入金がありました。調べてみると、その本は別の方に発送済です。なぜこんなことが起きたのでしょう。

よくよく考えて分かったことは、以下のとおりです。

2日前に1通の振替入金があり、その用紙にはお名前とご住所だけが書かれていました。

じつは先週、メールもFAXもないという方から、家人がお電話でお受けしたご注文がありました。金額を見る限り間違いありません。そこで、それだと思い込み、書類を作って発送してしまったというわけです。

ところが同額のご注文で、先週「送金が来週後半になる」とメールをいただいていた方がいらっしゃいました。2日前(火曜日)の入金は、その方のものだったのです。

したがって、ご注文書籍も今日まで発送せずに保管してありました。いそいで発送するとともに、お詫びのメールを送信。先にお送りした本のご返送をお願いしております。

一方、今日入金があった方の振替用紙には、お名前、ご住所、および注文書名はありますが、電話番号が書かれておりません。どうやってご連絡したものか、思案しているところです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives