2020年08月31日

半世紀前の本

okamoto随分前にお客様(たぶん駒場の先生)からお引き取りした本の一部が、まだ未整理のまま、棚の前に積み上げられています。他にも積み上げられている本は、たくさんありますが。

その中にあった一冊。手に取ってあらためてカバーを見て、自分で読んでみたくなりました。『語りつぐ戦後史掘戞癖埆検Σ鮴癲鶴見俊輔、思想の科学社)

本の状態があまり古びていないので、最近の本のように見えたのですが、奥付を見てビックリ。昭和45年8月25日発行とあります。今からちょうど50年、半世紀前の出版です。

読みたくなったのは、カバーに印刷された対談者の顔ぶれを見てのことですが、もう一度ひとりずつ名を確かめていくと、ご存命なのは大江さんお一人だけ。

対談当時は30代から50代で、最年長の岡本太郎が59歳、最年少は寺山修司で34歳でした。ホストの鶴見俊輔は48歳。今の店主からすれば、誰もがお若い。

まず寺山、次に巻末の解説、そして岡本という順に読みました。いいだ・ももと小田実は、まだ読みかけ。大江さんは、もう少しあとに取っておこうという気分。

タイトルが表す通り、戦後という一時期を語ってもらうのがテーマのようですが、寺山修司は案外まじめに質問に答えている印象がありました。岡本太郎のほうは、岡本節とでもいうべきか「わかられたくない」についての鶴見の問いに、常人(つまり店主)には理解しがたい自説を展開。

これをテープ起こしして、文章にまとめるには、相当な苦労があっただろうと思います。文字起こしされた原稿を、岡本本人は果たして読んだのだろうか、というのが大いなる疑問として残りました。

「わかられたくない」のだから、それで良かったのかもしれません。

konoinfo at 18:35│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives