2020年09月14日

また読んでみたい

何日か前の天声人語に、『アクロイド殺し』に関連した話題が取り上げられていました。

IMG_20200910_075844その結びが確か、また読んでみたくなった、犯人は分かっていてもそれ以外はほとんど覚えていないので、もう一度読んでも楽しめるだろう、というようなことだったと思います。

そう言われて店主もまたその気になりました。クリスティーの探偵小説は、大方読んでいるはずです。しかしそれがかえって災いして、どの話がどんな筋立てだったか、すぐには思い出せません。いくつかの例外を除けば。

本で読んだのは、もう何十年も前のことですから、それもやむを得ないでしょう。一方、TVドラマというものがあります。こちらは何度かシリーズ放送されていて、そのたびにビデオに撮ったりして見ておりました。

撮りためたCDの中に、この『アクロイド殺し』がありましたので、その夜、さっそく再生して観たのです。

ビデオに撮ってあるということは、一度は観ているはずなのですが、案の定、初めのほうはほとんど覚えておりませんでした。さすがに終盤になると記憶がよみがえっては来ましたが。

観終えて思ったのは、これは本で読むほうがずっと面白い作品だということ。以前観た時も同じ感想を持った気がします。

口直しというわけではありませんが、昨夜、別の作品『死との約束』を観てみました。こちらのほうが筋立てを思い出すのは早かったのですが、映像がとても素晴らしく、分かっていても面白く見ることができました。

文庫本でかなり揃えていたはずのクリスティーは、いったいどこへ消えてしまったのでしょうか。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives