2020年09月15日

蔵書整理の覚悟

IMG_20200915_075859洋書会は、いまだに夏枯れが続いているようです。

しかしそれもやむを得ない理由があると、昨日の自分自身の体験から思いました。

店主より少しばかりご年配かと思われる男性が、ご来店になりました。大学を退職してもう長くなるのだが、そろそろ自分の蔵書を整理したいと思い、何件か本屋さんに尋ねたところ、和書はともかく洋書は扱わないのでといわれ、小店を紹介された、とおっしゃいます。

すぐさま下見に伺うというお返事もできたのですが、まだこれから整理されるのだというお話です。

そこで、ご専門やら、どれくらいの量があるのかやら、少しばかりお尋ねした後で、現在は研究書、学術書が大きく値崩れしていること。特に洋書、しかも英語以外のものとなると、よほど限られたものしか値が付かないことなどをお話ししました。

その上で、ともかく整理したいということでしたら、引き取りに伺って市場(交換会)に出品し、その売り上げから手数料を差し引いてお支払いします、と申し上げました。

実際のところ、長年市場にかかわっていれば、この蔵書ならいくらと、予測できる金額というものはあるのですが、それを申し上げてご納得いただける自信がありません。もっと言えば、口にする勇気が出ません。

そこでつい「お預かりして」ということになるのですが、それでも何割かのお客様は、結果に溜息をおつきになります。ご自身の蔵書に思い入れのあった方ほどそうですから、こちらも辛くなります。

ただ逆に何割かのお客様からは「そんなになったの」と喜ばれることもあり、それはそれで複雑な思いにさせられるのですが。

konoinfo at 18:40│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives