2020年10月11日

ポイ捨て止まず

今朝、3日ぶりに雨が小やみになっていたので、住まい前の歩道を竹ぼうきで掃きました。

濡れ落ち葉は掃きにくいのですが、わが家のものが大半です。散らかしておくわけにはまいりません。

掃いているうち、小さな糸くずの塊のようなものを見かけました。何だろうと思ってよく見ると、どうやらタバコのフィルターのようです。近くに別の吸い殻が、雨に濡れて落ちておりました。

掃除するたびに必ず1本や2本は、捨てられているのを見つけます。

今日そのむき出しになったフィルターを見てあらためて思ったのは、これはプラスチックではなかろうかということです。

念のためgoogleで検索してみると、やはりそうでした。「たばこの吸い殻は最悪のプラスチック汚染物質」という見出しもありました。

それで思ったのです。この際フィルターをなくしたらどうだろうかと。初めて登場したころ、タバコ呑みにも極めて評判の悪いものでした。

RIMG4515長く両切りにこだわる人たちがいたことを、思い出します。

それでは体に良くないとおっしゃるでしょうか。そう思われるとしたら、おやめになるチャンスです。

じわじわ値上げ、などという意地悪なことをするよりも、思い切ってタバコからフィルターをなくすことにすれば、踏ん切りをつけられるスモーカーもたくさんおられるのではないでしょうか。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives