2020年10月13日

見えず聞こえず

今日、洋書会からの帰り道、半蔵門線の永田町駅で、閉まりかけたドアに足を挟んで、こじ開けようとする人がいました。あきらめて足を引くとドアは閉まったのですが、やがてまた開きました。

勇躍乗り込んで、空席を見つけ座ったまでは良かったのですが、電車が一向に動きません。やがて「ドアを点検するためしばらく停車します」との車内放送。動き出すまでの時間が人一倍長く感じられことでしょう。

実はそれまでに2度、開閉を繰り返し、それが3度目だったのです。ほかの2度は目撃していませんから状況は分かりません。都合5分は遅延したと思いますが、乗客はどこまでも穏やかでした。

話は変わります。今更でお恥ずかしいのですが、カレンダーを見ていて10月に「体育の日」がないことに気がつきました。

名称が「スポーツの日」と変わり、今年に限って7月24日に移動していたのですね。もちろんオリンピックの開会式に合わせるためです。

それが流れた結果、そして来年、日程そのままで開催しようとしているため、2021年も今年と同様、7月に祝日をまとめるのだそうです。皆さん先刻ご承知のことでしょうけれど。

そんな風に勝手に祝日を移動させたり、あるいは増やしたり減らしたりできるというのが、いまひとつRIMG4522承服できません。何のための祝日なのかと、お休みに全く縁のない店主は思うわけです。

縁がないからこそ、祝日大移動についても今まで気がつきませんでした。人間、自分が関心のないことは、いかに目にも耳にも入ってこないか、ということが良く分かりました。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives