2020年10月17日

無料回収

わけあってこのところ、わが家では不用品の整理を進めております。

不用品といっても、処分してお金になるようなものはありません。ふつうのお宅なら、さっさと整理されていたようなものばかり。

その多くは書類などの紙ごみや、とっくに着なくなった衣類などで、まだこうしたものは、引き取ってもらうのに、お金が必要というわけではありません。

ところがちょっとした電気製品や壊れた家具のようなものは、粗大ごみセンターに連絡したうえで、切符を貼って回収してもらわねばなりません。

「無料で引き取ります」などとマイクで流す業者を呼び止めて訊くと、無料なのはごく限られたものだけ――という経験は、多くの方がお持ちでしょう。

無料で引き取ってもらえるもののうち、紙類は資源回収の日に出すことができますが、困っていたのが衣類です。ほとんどボロ布同然でも、なぜか通常のゴミとして出すのがためらわれます。

淡島通りに一軒、こうした衣類を受け入れてくれる場所があったのですが、コロナ禍で輸出が出来なくなったとかで閉鎖され、未だに再開されていません。

RIMG4523それが最近、区のほうで回収の動きが出てきました。今朝、雨の中、そうした受け入れ場所のひとつ、世田谷区役所の広場に寄って、ポリ袋10個ほどを置いてきたのです。

「ありがとうございました」だけで、充分報われた気分でした。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives