2020年10月25日

オークション開催

神保町の一年を通しても最大イベントといえる「神田古本まつり」が中止となり、古書会館地階の「特選古書即売会」も会場開催は中止となりました。

同様に出版社が中心の神保町ブックフェスティバルも中止となっていますから、この土日は想像だにしなかった閑散ぶりだったことでしょう。

『バーチャル特選古書即売展』がネット上で気を吐いていますが、傍からは賑わっているかどうかも分からないのが物足りないところです。

tcaそんななか、数年前から始まったTokyo Culture Auctionは、昨日土曜日にオークションが開催され、なかなか盛況だったようです。

自分で足を運んだわけでもないのに無責任に聞こえるかもしれませんが、実は、催しが無事終了した旨のメールが届き、そのなかにオークションレコードへのリンクがあったのです。

高価な本(版画・美術品)に縁のない店主ですが、興味だけはありますから、落札結果をざっと閲覧させていただきました。全体の出来高も表示されています。

一軒の古書店が始めたオークションですが、持ち前の行動力で、着実に成果を上げているように思われます。

ちなみに今回、最も高値になったのは、高橋留美子の原画でした。出品目録には「作品」とありますから、原画とは違うのかもしれませんが、店主にはそのあたり良く分かりません。ちょっと驚きの価格ではあります。

ホームページは公開されていますから、ご興味のある方はどうぞ。業者間の交換会とは違い、オークションの場合、落札結果を報せるべきだという意見を、この主催者ご当人から、かつて聞いたことがあります。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives