2020年11月17日

放置された資源

敷地ギリギリに建っている我が陋屋の背後と、隣地を区切るブロック塀との間には、人ひとり辛うじて通り抜けられる程度の隙間があります。

ふだん全く足を踏み入れないそこに、いつのものとも知れぬゴミが堆積しているのを見つけました。

枯葉や枯れ枝に半ば埋もれ、ポリ袋のようなものが見えたのが発端です。

恐る恐る引き出してみると、劣化した袋からはみ出してこぼれたのはビールのアルミ缶。その袋も一つや二つではありません。

ある限り拾い集めて、新たなポリ袋に詰め直してみたところ45リットル袋が4つ、満杯になりました。

泥まみれになっていたものは、ホースで水をかけたりしましたが、汚れまでは落ちません。これでは資源回収に出すわけにもいかないでしょう。

それにしても、なぜこんなものが放置されていたのか、店主はもとより、家人にも記憶がないようです。

その場所からして他人が投棄できるはずはなく、そもそもビールの銘柄が、店主の愛飲していたヱビスビールで殆ど占められています。犯人は間違いなく店主。

店主はここ数年、ほとんどビールを飲まなくなりました。しかし見つかった空き缶は、それよりずっと以前のものと思われます。
RIMG4561
もしかしたら資源回収の仕組みがなかった時代かと思い、空き缶回収が始まった時期をネットで調べてみましたが、答えは見つかりませんでした。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives