2020年11月19日

捏造ではないかも

皆様にはどうでもよい話でしょうが、先日取り上げた記憶捏造の件。新しい事実が判明いたしましたので、再度話題にさせていただきます。

いずれにせよ、どうでもよい話ばかりを書き綴っているブログです。どうかお付き合いください。

さて店主が五十嵐さんに面接していただき、晴れて採用となった経緯。記憶では神保町の山陽堂書店さんで採用見合わせの通告を受け、たまたま来合わせた古賀さんに、五十嵐さんを紹介されてその足で早稲田に向かった、と思っておりました。

mapそれが一枚の地図の出現で、その記憶が怪しいものとなったというのが前回の話です。

しかし改めてその地図を見ているうちに、大きな勘違いがあることに気がつきました。これは店主のためにではなく、誰か別人のために書かれた地図と思われます。

その一番の理由は、右上部の五十嵐書店の文字の上に、河野高孝様と書き込まれていることです。店主のために書かれた地図なら、そんな表記は不要なはず。

さらにこの地図は、ある事務用箋の裏に書かれているのですが、それに某住宅会社の名が印刷されています。40年ほど前、店主は小さなプレハブ住宅を建てたのですが、それがこの会社。ただし建てたのは五十嵐さんに勤めて何年か経ったころ。

つまり住宅会社の人が、店主の勤め先に尋ねて来た時の地図、と考えるのが一番合理的です。とはいえ、その地図が店主の手元に残っている点に謎は残りますが。

いずれにせよ、初めて五十嵐書店を訪れた時の記憶については、捏造と決めつけるのは早計だったようです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives