2021年01月06日

過去ブログへのお尋ね

毎日書き連ねている埒もないことが、WEB上を漂い続け、ある時、誰かの目に留まる。

考えてみれば恐ろしい話です。ふと書き込んだ一語が、見知らぬ他人の検索の網に拾われる可能性は、今後いつまでも残るわけですから。

お昼過ぎ一件の電話をいただきました。韓国の方だと名乗られ、店主のブログを見たとおっしゃいます。そこに書かれていたことで質問があるとのこと。

先を伺いますと、5年ほど前のブログに、ある書店の名が出ている。その書店C堂さんに関する資料をお探しだというのです。

その時のブログでは、C堂さんの若き日の雄姿をDVDで見たことについて触れています。そこで、そのDVDの内容にご興味をお持ちになったようです。

けれども理由を伺ってみたところ、そのDVDには、ご期待にかなうような映像は含まれていそうもありません。そうご説明すると、残念そうにお電話を切られました。

固有名詞を伏せたのは、ドキュメンタリー番組でも企画されているような話ぶりだったからです。お仕事の邪魔になってはいけません。

あまり気を使っていると、ますますつまらないブログになりそうですが、面白さを期待されているわけでもないでしょうから、これからもこんな調子でまいります。nenga2021

さて今年の年賀状を、まだご紹介しておりませんでした。出来上がったのも遅かったので、元旦には間に合わなかったはずです。葉書より先に公開するのも憚られましたので、本日、お披露目させていただく次第です。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives