2021年02月20日

売れるものは売れる

RIMG4750フランスのPleiade叢書に似た、i meridianiというイタリアの叢書があります。似ているのは判型、紙の薄さ、そして自国だけでなく世界の名著を含むラインナップ。

以前に入手していたこの叢書を、ボツボツという感じで入力し始めました。Pleiadeの在庫が乏しくなったため、替わって棚に並べようという算段です。

1冊ずつ手にして見ていくと、どうも造本が、もうひとつ頼りない気がします。なかに見返しの開きが悪いものがあったりするのです。一昔前の、中央公論社の文学全集などに見受けられたように。

要するに堅牢さ、耐久性などにおいて、いささか劣る感じがするのです。編集が優れているかどうかといった点については、店主の知識の及ぶところではありませんが、価格設定はPleiade版とあまり変わりないようです。果たして売れてくれるでしょうか。

ところでそのPleiade叢書ですが、長らく売れないでいる著作集がありました。Henri Michauxの3巻本です。売れ筋と踏んで、強めに(といっても新刊の現地価格より安く)値付けしたことが、災いしたかと思いました。

棚に残っているのを眺めては気になっておりましたが、ついに先日、ご来店のお客様がお買い上げくださいました。「ずっと狙っていたんです」と嬉しそうにおっしゃって。

お客様がお帰りになってから、売り切れ処理をしようとデータベースを開きました。ところが商品管理番号を入力しても、何の画面も表示されません。どうやら入力されていなかったようです。つまり「日本の古本屋」には出品されていなかったということ。

それで時間がかかったわけが分かりました。しかし、おかげでお客様に喜んでいただけたのですから、何よりだったと言うべきでしょう。

konoinfo at 20:45│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives