2021年10月18日

来年のカレンダー

もうそんな時になったのかと毎年のように意表を突かれるのですが、運送屋さんが「みすずカレンダー2022年版」を運んできました。

今年のタイトルは「ジャズ小景」。セッションの様子などが、モノクロ写真で撮られたものです。美術カレンダーのイメージが強かった従来とは、いささか趣が違いますが、これはこれで机上に似合いそうです。

RIMG4933先日取り上げたビリー・ホリデイも登場いたします。

果たしてこれを配り切れるほどのお客様に来ていただけるでしょうか。例年通り、店頭で3千円以上お買い上げの方に、差し上げるつもりでおります。

さて本日、アメリカ宛に1件、発送をいたしました。千円の日本書です。EMS代金2400円、合計で3400円として決済メールをお送りしたところ、「航空便・印刷物で送ってもらえないか」という返信がありました。

きっと慣れた方なのでしょう。「書留が付けられないから不達の場合も保証はできません」と返しますと「構いません」とのお返事。

それで送料1160円、合計2160円として再度決済メールを送ると、すぐに決済完了の通知が届きました。

いざ荷造りして国際郵便マイページサービスで送り状を作ろうとしたところ、航空便・印刷物は作成できません。小型包装物ならできるのですが、送料が高くなります。

仕方なく通常郵便物として宛名と差出ラベルを作成して貼り付け、郵便局に持ち込みました。「本だと返送される場合もあるんですよ」と脅されましたが、お客様のご要望だからと、受け付けてもらいました。


konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile

河野書店

Archives