2022年08月06日

最後の合同会議

古書組合は明日から夏期休館に入ります。交換会は昨日の明治古典会までで、来週一週間はお休み。次に市場が開かれるのは8月15日月曜日の中央市会からです。

DSC_1021そのため通常なら毎月8日に開かれる理事会も、10日がお決まりの役員合同会議も、昨日5日に前倒しして、まとめて開かれました。どちらも店主には最後となる定例会議です。

朝10時半からの理事会は正午前に終わりましたから、夕方6時の合同会議までには随分間があります。

明治古典会が開催されている間は、会場の片隅で落札の発声を聴きながら、仲間とよもやま話で過ごすことができましたが、休み前ということもあって出品が少なめで、午後3時半ころには市場が終わってしまいました。

それから2時間以上、あれこれ調べ物などして過ごしているうちに、合同会議の時間になりました。

この午後6時という開始時刻は、かつて事業部会として開かれていた時の名残です。もうひとつ支部長会という会議が別の日に開かれ、それは午後7時からでした。終わったあと、気心の知れた仲間同士で飲みに出かけるのが、楽しみの一つだったようです。

その2つを合同で開くようにしたとき、午後6時としたのですが、近年、とりわけコロナ禍に見舞われて以降、夕方に会議を開く意義はかなり薄れています。これを何とか改革したかったのですが、時間切れとなりました。

ともあれ、夕方の会議からは放免されたわけです。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

12月31日から1月3日まで
休業いたします
Profile

河野書店

Archives